京都外国語大学・京都外国語短期大学

楽しいことは、
楽することじゃない

  • 外大祭実行委員会 所属 
  • イタリア語学科3年次生
  • 前島 希世 さん
  • 静岡県出身
  • 2015.10.29

Q1.前島さんが外大祭実行委員会(通称・学スタ)で担当している業務を教えてください。

私は外大祭に出店する模擬店やフリーマーケットの募集や管理、運営を行う「内務部門」の部長を務めています。食品を取り扱うことが多い模擬店では、衛生面の管理や火器使用の注意喚起、当日事故が起こった場合の対処などを担当しています。保健所や消防署、フリーマーケット出店者の皆さんといった、外部の方々とやり取りすることが多いので、学生同士で普段することのない話し方・接し方といったマナーや礼儀を経験できとても勉強になりますね。今年は10月31日・11月1日両日で約70店の模擬店・フリーマーケットが出店します。連絡や書類の提出など細かい仕事が多くとても大変ですが、本当にやりがいのある仕事内容だと思っています。私は部長なので、初めて参加する1年次生、中心として仕事を担当する2年次生のサポートやスケジュールの管理をしています。

「内務部門」では、メンバーひとり一人の意見を取り入れて常に新しいことにチャレンジし、今年より来年、来年より再来年といった、成長のみえる外大祭ができるように日々の作業を行っています。メンバーが16人と少ない部門ですが、それぞれが業務を通じてお互い高め合えるだけでなく、心を開ける「家族」のような存在だと思っています!

Q2.学スタに入ったきっかけは?

ま、成り行きですかね(笑)。私は中学・高校とバスケットボール部に入っていましたが、大学では文化系クラブ、特に歌が好きだったので音楽系の団体に入部するつもりでした。そんな時、クラブ勧誘で学スタの先輩方から声を掛けられたんです。ちょうど一人暮らしで不安なことを話したらすごく心配してくれて(笑)。「私もそんな気遣いのできる優しい人になりたいな」と思い、入部を決めました。人数が多くて楽しそうな雰囲気だったというのもあります。音楽は諦めました…(笑)。

私は高校生の頃から、全国にある7つの外国語大学のどこかに進学するつもりでした。イタリア語学科に入学したのは、純粋に興味があったからです。高校の修学旅行でフランスのパリに行った経験が大きいですね。「フランスっていいな~。じゃあ、お隣のイタリアはどんな感じなんだろ?」って、結構軽い感じで決めました(笑)。ヨーロッパ圏に興味があったというのも理由の一つです。イタリア語の勉強は楽しいですね。特にイタリア語をつかってネイティブの先生と会話するのが好きです。イタリアで生活できる気分になります(笑)。

Q3.学スタに入って、どのような学生生活になりましたか?

生活の大半を学スタの活動に当てています。こんなに仕事が多いとは思いませんでした(笑)。きちんと授業を受け、アルバイトもしていますが、学スタは私の学生生活そのものですね。夏休み・年末の帰省も学スタのイベントに合わせています(笑)。「内務部門」が動き出すのは毎年5月からです。六月祭に模擬店・フリーマーケットを出店し、出店者側の視点から外大祭の運営方針を考えます。それを基に6月半ばから9月末にかけて、チラシ配布や立看板で出店募集を行います。その間合宿や「流しそうめん」といった学スタ全体の楽しいイベントがありますね。秋学期が開始すると徐々に忙しくなっていきます。今、本当に忙しいですが…充実していますね!アルバイトとは違いお金はもらえないのですが、自分たちで企画やその内容、運営方針を考え、形にしていくのがいいですね。

Q4.外大祭の魅力ってなんですか?

お客さまの笑顔を引き出すために、京都外大が1つになることです。その基盤を作っているのが、学スタだと思っています。

Q5.外大祭に向けて何か一言お願いします。

「楽しいことは、楽することじゃない」

Q6.前島さん目標を教えてください。

私は結構能天気で、中学入学前までは「一生努力することなく、平凡に生きて行くんだろうな~」って思っていました。そんな自分を変えてくれたのが、中学校で3年間クラス担任だった先生でした。目標に向かって努力できる雰囲気を作るのが上手で、運動会のクラス対抗競技や合唱大会といった学校行事は「必ず優勝する!」と言って、朝や放課後の練習にいつも付き添い指導やサポートをしてくれました。部活もあってなかなかハードでしたが、その先生のおかげで頑張ることができ、「一つの目標に向かって努力することの大切さ」を教えていただきました。「何事にも一生懸命取り組む」。そんな姿勢をこれからも崩さず、保ち続けていきたいですね。

Q7.外大祭を作り上げるのに欠かせないアイテムは何ですか?

たくさんあります(笑)。この色紙は先ほどの恩師から卒業の時にいただいたもので、疲れた時や落ち込んだ時に見て、元気をもらっています。あとはボディーソープとボディパウダー、そして香水ですね。良い香りが好きなので、癒されてます。最後はお茶セット(笑)。静岡と言えばお茶ですね。茶葉は実家から送ってもらいます。猫のコップもお気に入りなんですよ。今は引っ越しで飼えなくなり親戚の家にいますが、実家で猫を5匹飼っていました。このコップでお茶を飲んで、ほっこりしてます。

PAGE TOP
What's KUFS