京都外国語大学・京都外国語短期大学

お客さまを笑顔に

  • 外大祭実行委員会 所属
  • フランス語学科3年次生
  • 村松 都 さん
  • 静岡県出身
  • 2015.10.29

Q1.村松さんが外大祭実行委員会(通称・学スタ)で担当している仕事を教えてください。

私は「情報宣伝部門」で部長を務めています。この部門は、外大祭のパンフレットやチラシ、ポスター制作のほか、学スタが着るスタッフパーカーのデザインと発注、協賛広告の営業などを行っています。他部門とは違い、外大祭の内容が決定し、開催が間近になってから忙しくなるので、手が空いている時と忙しい時の差が大きいんです。気が抜けてダラダラしないようメリハリをつけることを特に気を付けていますね。作業内容などの指示も、わかりやすく伝えることを心がけています。今年はメンバーが多く、14人もいるんですよ(笑)。例年の約2倍です。

Q2.学スタに入ったきっかけは?

高校の頃から絶対に大学祭の実行委員会に入ろうと思っていました。私はサカナクションやRADWIMPSといったJ-ROCK系のバンドが好きなので、「大学祭に呼んで、一緒に写真を撮ってもらおう!」という理由で入ったんです(笑)。ただ人見知りなので、人数の多い学スタにうまく馴染めず、速攻で辞めました(笑)。その後「課外活動をせずに大学生活を送るのは嫌だな」と考え直して学スタに戻ったんです。

J-ROCK系の音楽は、小学6年生の頃にロックバンド「Aqua Timez」を好きになったのがきっかけ。「Mr.Children」が好きな兄の影響も受けていますね。ライブには友人とも行きますし、ひとりでも行きます。野外ロックフェスティバル「京都大作戦」も行きました。「装飾部門」の田口真歩さんも音楽の趣味が合い、よく一緒に行きますね。最近は「04 limited sazabys」や「ドラマチックアラスカ」「ロットングラフティー」をよく聞いています。もし学スタに入らなかったら、バンドしてました。ベースかドラムをやりたかったです。

高校では英語が好きでしたが、音楽にも興味があったので、初めは音響について学べる専門学校への進学を希望。そんな高校3年生の頃、担任の先生から京都外国語大学を勧められたんです。「大学か、専門学校か」と悩みましたが、ちょうど公募推薦入試の時期だったので京都外大を受験し、無事合格しました。フランス語学科を選んだのは、「フランスっておしゃれだなー」という単純な動機からでした(笑)。

Q3.学スタに入って、どのような学生生活になりましたか?

楽しい毎日です。ほぼ学スタの仲間と過ごしていますね。大学では小・中・高校時代のように決まったクラスで過ごすことが少なく、なかなか友だちを作るのが難しいです。特に私のような人見知りには(笑)。そんな時に先輩方がとても優しくて、遊びに誘ってくれたり、悩みを聞いてくれるなど、安心できる居場所を作ってくれて、徐々に学スタに馴染んできました。今は学スタの皆が大好きです!思えば、1・2年次生の頃はただ「楽しい!」という感じでしたが、3年次生になって情報宣伝部門のリーダーとなって、楽しいだけでなく、自分の中に「責任感」が生まれてきたと思っています。警察へチラシ配布の許可申請の際、資料の不備で注意されたとか、協賛広告が取れないことなど、知らなかった苦労が多く、「先輩がフォローしてくれていたんだ」と実感しています。

Q4.外大祭の魅力ってなんですか?

お子さんからご年配の方まで、幅広い年齢層のお客さまと大学生が身近に接することですね。模擬店やステージ企画、バンドなど、京都外大ならではの「楽しい」がいっぱいです。

私はライブによく行きますが、「お客さん」の立場なので、運営スタッフの動きは見えません。しかし学スタに所属していると、イベントを企画し、それを実現させる過程をみることができる。そこが醍醐味だと思います。そして、「あの時、こんなことしていたなあ」と、学生時代のよい思い出にもなります。これから生きていく上で、とても大切なことだと思っています。

Q5.外大祭に向けての意気込みをどうぞ。

外大祭開催に向け、全身全霊を懸けてきました。7月から準備を始めて約4カ月、やる気も意気込みも最高潮です。私たちの集大成をどうぞ楽しんでください!気持ちを緩めず、最後まで納得のいく外大祭になるよう、そしてお客さまだけでなく、メンバー全員を笑顔にできる環境作りを心がけます。

来場者数も去年より上回りたいですね。特に吉本興業さんからゲストをお呼びしているので、いつもお茶の間でご覧になっている芸人さんに会うことができます!またこれまでと比べてお子さん向けのイベント・企画が多く、例年以上に地域に密着した大学祭となっています。親子連れでも充分楽しめますので、ぜひご来場ください!!

Q6.これからの村松さんの目標を教えてください。

私は静岡県の浜松市出身なのですが、卒業後は地元で就職したいです。特に観光に関する職業に就きたいです。浜松市には日本で仕事をするブラジル人が多く滞在しています。本来ならポルトガル語を学ぶべきところですが、フランス語が話せるとより多くの外国人観光客が訪れるのではないかと考えています。浜松市を活性させたいんですよ。地元が好きなんです。そして親孝行したいです。

Q7.外大祭を作り上げるのに欠かせないアイテムは何ですか?

リュックサックです。中には外大祭当日に配布するパンフレット作成に使うパソコンや資料が入ったファイル、文房具などでパンパンになっています。軽そうに持っていますが、かなりの重さですよ(笑)

PAGE TOP
What's KUFS