京都外国語大学・京都外国語短期大学

I do my best!

  • 外大祭実行委員会 所属
  • 英米語学科3年次生
  • 橋本 健司 さん
  • 大阪府出身
  • 2015.10.30

Q1.橋本さんが外大祭実行委員(通称・学スタ)で担当している業務を教えてください。

「総務部門」で部長を務めています。業務全体の進行状況把握や滞っている箇所のサポート、あとは幹部として全体会議に出席して外大祭全体の運営を担当しています。「移動動物園」といったお子さん向けのイベント企画の立案やその運営、外大祭の警備やイベントのお手伝いなど、82人いる学スタ全メンバーの当日業務スケジュール表の作成、そして総合案内所となる「外大祭本部」の準備などがあります。

Q2.学スタに入ったきっかけは?

毎年4月に開催される、新入生対象の「学外オリエンテーション」で知り合った友人と一緒に入りました。軽い気持ちだったので、特にこれといった理由はないのですが、「何している委員会なのかな?」という好奇心と、友だち作りが目的でした。

正直、ここまで学スタを続けるとは思いませんでした。一緒に入った友人も留学のため退部。今思えば、初めての外大祭で味わった達成感、「終わった―!」という解放感が良かったのだと思います。またこの部門には同年次生が6人います。彼らがいたからこそ、今まで頑張ることができたと思っています。

Q3.学スタに入って、どのような学生生活になりましたか?

一緒にいる時間が長いので、先輩・後輩問わず幅広く仲良くなれました。授業で仲良くなる人もたくさんいますが、「外大祭の成功」という目標のある組織にいると、自然と仲良くなりますね。特に、第57代外大祭実行委員長・馬場雄野くんとは仲がいいです。2年次生の頃から交流が深まり、今では三重県にある長島温泉へ車で二人旅に行くほど仲良くなりました(笑)。僕も彼も車の運転が本当に好きなんです。

自由な時間があるよりもスケジュールが詰まっている状態が好きです。外大祭の準備で忙しい時期は特に充実しています。これまで二度の外大祭に携わってきましたが、1年次生から2年次生になると仕事量も増え、忙しくなってきます。しかしその分達成感は年々上がってきていますね。

Q4.外大祭の魅力ってなんですか?

学スタのみんなが一致団結して外大祭を成功させたときの「達成感」ですね。今年は部長として臨むのでとても楽しみです。今年の外大祭のテーマ「For all Smiles」は、お客さまはもちろん、学スタ全員が「笑顔になる」ことを目的にさまざまな企画を考えています。特に「キッズランド」や「わくわくファンタジー」「移動動物園」のほか、キャラクター衣装を着て撮影し、その写真を無料でプレゼントする写真館「studio GAIDAI」といったお子さん向けのイベントが多くラインナップされています。親子で来ていただいても充分「笑顔になれる」ところが魅力だと思いますね。

Q5.外大祭に向けての意気込みをどうぞ。

今年度で引退となるので、今回の外大祭が最後になります。総務部門の部長という立場を楽しみつつ、後輩たちを引っ張っていきたいと思いますね!

総務っこと共に!I do my best!

Q6.これからの橋本さんの目標を教えてください。

まだしっかりと固まってはいませんが、これまで英語を勉強してきたので、英語を活かせる職業に就きたいです。あとは外車に乗りたい(笑)。そして10年後には、馬場君よりもいい車に乗っていたいなと思います。

Q7.外大祭を作り上げるのに欠かせないアイテムは何ですか?

スターバックスコーヒーの抹茶ラテです。夏は抹茶フラペチーノ、冬は抹茶ラテですね。

授業の空き時間とか休みの日にはスターバックスで、ゆっくりしています。抹茶好きになったのは大学に進学してからですね。京都という土地柄か、抹茶味の商品が多い。「食べなあかんのちゃうか…」という気分になって試しに食べてみたところ、意外とおいしくて好きになりました。

PAGE TOP
What's KUFS