京都外国語大学・京都外国語短期大学

クリスマスは、
みんなでお墓参り!

  • 留学生別科
  • エウイス・ファットマワティ さん
  • インドネシア出身
  • 2015.12.24

外国人留学生の「クリスマス」

Q1.インドネシアではクリスマスをどのように過ごしていますか?

インドネシアではキリスト教のほかに、イスラム教やヒンドゥー教・仏教など、さまざまな宗教があります。私はイスラム教徒です。ジャカルタ出身でキリスト教徒の友人から聞いた、クリスマスの過ごし方を紹介します。

インドネシアのクリスマスは毎年12月25日に行われ、家族や親族が集まり、一緒に過ごします。まず25日の午前0時に電灯を消してろうそくに火を灯し、家族みんなで歌を唄います。夕方になると教会でお祈りし、その後お墓参りに行きます。これは祖先が天国でも幸せでいられるように祈るものです。家に戻るとクリスマスの歌を唄い、そのあと両親や兄や姉、おじ、おばといった年上の家族からクリスマス・プレゼントをもらいます。そして、信者のしるしとして、お互いの顔に白い粉を塗り合います。これは新年を迎える前にその年の過ちを清算する意味があります。

イスラム教徒にとって、クリスマスの日は普段と変わらない一日を過ごします。正直なところ、「とても楽しそうだなあ」と思っていますね(笑)。

 

Q2.では、イスラム教の祝日を教えてください。

クリスマスに似た「Eid Mubarak(イード ムバラク)」という祝日があります。このお祭りは断食月「ラマダン」明けに行われます。この日はイスラム教の教会「モスク」で祈りを捧げます。そして他者の罪を許します。その後、お墓に行ってお参りをします。これはジャカルタのクリスマスと似ていますね。

食事は、インドネシアの伝統的な料理を食べます。お米をココナッツの葉で包み蒸して食べる「Ketupat(クトゥパット)」やチキンをココナッツで煮た「Opor ayamu(オポール アヤム)」、とても辛いカレーのような牛肉料理「Rendang(ルンダン)」を食べます。「ルンダン」は、断食明けの特別なごちそうです。そして「Kue lebaran(クエ ラバラン)」と呼ばれるいろんな種類のクッキーを食べます。これは家でたくさん作って、近所の人たちにも配ります。おいしいんですよ(笑)。

私の父は出稼ぎでほかの街にいるので、家族と一緒に住んでいません。しかし、この「イード ムバラク」には必ず帰ってきます。この日は家族・親戚一同が集まる、大切な日です。

Q2.今年のクリスマスはどのように過ごしますか?

大阪でホームステイしているので、12月25日はホストファミリーとパーティーをする予定です。私はキリスト教徒ではありませんが、いろいろな装飾が街を飾っている日本のクリスマスは、とてもロマンティックで好きです。インドネシアのクリスマスよりきれいです。

そして恋人と一緒に過ごす予定です。私の誕生日とクリスマスが近いので、12月28日~30日の3日間、一緒にユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ。ディナーを食べ、クリスマス・プレゼントの交換もします。クリスマスは終わっていますけどね(笑)。

 

Q3.インドネシアでのクリスマスの言葉を教えてください。

インドネシアでも、「Merry Christmas」を使っています!

 

PAGE TOP
What's KUFS