京都外国語大学・京都外国語短期大学

おいしい食事で、国際貢献

  • 国際教養学科3年次生
  • 三原 由莉 さん
  • 大阪府出身
  • 2017.02.15

なぜ京都外大に進学しようと?

3つの言語が学べるからです。高校では、第二外国語の授業でフランス語を学んでいましたが、留学した時、スペイン語を話すネイティブがとても多いことを知りました。そこで「第三外国語でスペイン語を学べる大学」に進学しようと。ただ「フランス語とスペイン語が学べる大学」が意外と無くて…。インターネットで調べたところ、英語・フランス語・スペイン語が学べる京都外大のカリキュラムを知ったんです。もう1校学べる大学がありましたが、エアラインに興味があったので、航空関係のインターンシップの数が多い京都外大を受験し、合格しました。

京都外大の良いところは?

アットホームなところです。先生との距離が近く、ていねいなサポートが受けられます。私は1年次生の頃から研究室に遊びに行っていますね。最初は大人数の授業が多いですが、2年次生から少人数の授業がメインになるので、絶対に仲良くなれると思いますよ。あとは、学生の活動やイベント、募集に関する情報がすぐ手に入ったり、反対に自分から発信すると拡散が早いところもいいですね。充実した学生生活を送っています。

三原さんが行っている活動について教えてください。

学内で「Table For Two(TFT)」という活動を行っています。これは、大学が学生の自主企画活動を支援してくれる「ピカ☆イチProject」に採用されたプロジェクトです。TFTと学生食堂が協力して、低カロリーで体に良いメニューを考案し週に一度調理・販売、1食につき20円をいただき、寄付しています。1月11日に行った活動では、「ハンバーグと雑穀米」「ふわふわ卵の雑穀天津飯」の2品を販売。32食全て完売しました。

もともとこの活動は、2007年に日本のNPO法人「Table For Two International」が始めた国際貢献活動です。世界には、貧困や飢餓で苦しむ開発途上国の人々と、肥満で悩む先進国の人々の数がだいたい同じ10億人います。この「飢餓」「肥満」といった食料不均衡の問題に悩む人々どちらも助けたいという考えから、先進国の人たちがヘルシーなメニューを食べることで、その食事代から開発途上国の子どもたちが食べる1食の給食代20円を寄付する運動が世界に広まっています。つまり、先進国の人1人が食事をすると、開発途上国の子ども1人が栄養のある食事を1食取れるということになります。

私がこの活動を始めたのは、友人に誘われたことがきっかけでした。自分たちでメニューを考えたり、気軽に募金できるところにやりがいを感じますね。おいしいものを食べることで、貧困で辛い思いをしている人たちに食事代が寄付できるところがいいなと思っています。

最近、夢中になっていることは?

フラダンスですね。出会いは高校3年の時。文化祭で映画「フラガール」を劇で上演した際に、ダンサーとして出演したことがきっかけです。もともとダンスが好きで、留学していた時にチアダンスをやっていたのですが、怪我のため離れていました。大学に入学したばかりの頃、家の近所にフラダンス教室があることを知って。見学に訪れた際、「これだ!!」と思い入会、それから約3年通っています。体を動かすことが大好きなんですよ。3年次生になった時、「学生時代に何か残しておきたい」と、六月祭にフラダンスでステージに立つことを思いつきました。だけどメンバーが集まらなくて参加できなかったんです。それでも「フラダンスを披露したい!」という想いが募り、11月初旬にある外大祭に出演するため再度声をかけました。すると後輩が手を挙げてくれて。そこで7月から練習を重ね、外大祭で披露できました。終演後、観ていた友人たちが参加することになり、フラダンス・サークル「Liko Lehua」を結成。まだ大学非公認ですが、去年行われた「ハワイアン・ウィーク」(英米語学科・キャリア英語科の学生による文化・芸術を紹介するイベント、2016年12月12日~16日に開催)では、大舞台・森田記念講堂でフラダンスを踊るなど、活発に活動しています。スタートは3人でしたが、今ではメンバーが14人に増えました。男子もいますよ。

4年次生になりますが、これからの予定を教えてください。

実は、来年度から1年間休学してハワイに留学予定です。目的が2つあり、ひとつは就職活動に向けインターンシップに参加すること。もうひとつはフラダンスを本格的に学びながら、現地のフラダンサーやフラダンス講師の現状や考え、地域ごとの特徴、観客について現地調査しようと思っています。最終的にはこれをまとめて卒業論文執筆か、卒業研究としてオリジナルのフラダンスが制作できたらなと。

これからの目標は?

私、人のために何かをすることが大好きなんです。あれこれアクティブに動きたい性格なので、実際に最前線に立ち、日・英・仏・西4ヵ国語が使える、航空会社のグランドスタッフになりたいですね。

現在はレストランでアルバイトしています。最近ゲストハウスのフロントも始めたのですが、ほとんどが外国のお客さまなんです。おすすめの京都観光や行きかたを教えるなど、話をするのが本当に楽しくて。国境を超えて英語やフランス語などでコミュニケーションを取ることは、素晴らしいと思っています!(2017年2月15日)

PAGE TOP
What's KUFS